読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*daisystar*

雑記帳

ミュシャ展を観てきました

 WUGちゃんのソロイベントがあった翌日、国立新美術館ミュシャ展を観てきました。

混むだろうからどうしようかと迷ったのですが、スラブ叙事詩を鑑賞できる機会は今後ないかもしれないし、開催期間中に上京のタイミングも難しそうだったので、思い切って行くことにしました。

 

 10時の開館時間少し前に着いたところ、既に入場券の購入列が伸びていました。これは十分に予測できたので、前日にコンビニで入場券は買っておいで、ここで待つことは無く館内へ。エスカレーターで2階に着くと入場待機列も長くなっています。これはだいぶ待たされるかなと覚悟したのですが、意外とすんなり入場できました。

 それもそのはず、入ってすぐに広い空間を確保してスラブ叙事詩が展示されているため、混雑する展覧会でよくある、皆が展示順にお行儀良く並んでいうため途中で渋滞が発生するということがなかったのでした。それに加えてスラブ叙事詩自体がとても大きな作品のため、人の壁で見えないということもなく、むしろ少し離れないと作品の全体が見渡せないということで、人の多さの割には快適に鑑賞できました。

 それにしても、大きいのは分かっていたとはいえ、いざ実物を観るとやはりそのサイズに驚きました。

 

 他の作品については少し物足りない感じですが、スラブ叙事詩展と割り切っても十分にお釣りのくる感じでした。

 

 お昼近くになって会場を出る頃には入場の列は無かったのですが、入場券の方はまだまだ列が続いていたので、これから行く人は予めコンビニとかオンラインで入場券を確保しておくとスムーズに観られるとおもいます。

……時間があったので草間彌生展も観ようと思ったけど入場券列に並ぶ気力は残ってなかったですよ。

ポメラ DM200を買いました

買ったのは丁度一ヶ月くらい前になります。

普段文章を書くときはMacbook AirとScrivenerを使っていて、モバイル環境でも特に不満はないので、あえて買う必要も無いかなと思っていましたが、なんかつい勢いで(笑)

 

使ってみた感想ですが、機能については流石に色々な人が言うように特に問題ないです。

キーボードが微妙に小さいので、慣れるまで少し時間がかかりました。これは大変というほどではなく、なまじフルピッチに近いための違和感で、今は問題なく使えています。

単三電池ではなくバッテリー駆動という点については、遠出をするときにはモバイルバッテリーが必携となっている実情を考えると、私にとってはメリットとなっています。

鞄の中が混沌としがちなわたしとしては、SDカードが抜けていることが何度かあったため、ここはすぐ抜けないようにカバーとか欲しかったですね。

同期関連の機能は使っていないのでよく分かりません。

仕様的にいまいちだなと思ったのは、文字コードUTF-8の場合にBOMありということでしょうか。UTF-8はBOM無しが普通なので、PCとかからファイルを持ってくるとポメラ側で文字化けしてしまいます。秀丸とかUTF-8のBOM有りに対応しているエディタで保存し直せばいいだけのことなのですけれど、そのひと手間がめんどくさいんですよね。おそらくSJISとの判別を簡略化するためにこういう仕様にしたのでしょうけれど、文字コードについてよく分からない人はハマってしまいそうな気がしました。

 

まだまだ使い始めたばかりですが、今のところは悪くない感じです。本格的に書くのはScrivenerでしかあり得ないため、その前段階のメモツールと割り切っていますし。なので、今後の課題もScrivenerとの相互運用に絞られています。この辺、まだいいアイデアが思いついてはいないのですけれど。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

わりと放置気味なこのブログも、今年はもう少し更新したいと思います。

そんなわけで年末年始の諸々をざっくりとまとめてみました。

 

〜12/27

イデオンと終末のイゼッタを一気に視聴。ちゃんと観てはいなかったイデオン。お話が辛すぎて辛かったです。。。イゼッタは面白かったけど、2期とか続かなそうで勿体ない感じでしたね。1クールにまとめていたから良かったのかも知れませんが。

あと、わたしにしては珍しく公開初日に観たポッピンQが良い出来でした。奇をてらった所は無いのですが、全体的に丁寧に作られていて安心して楽しめました。ストーリーも良い意味で教科書通りで、戸惑うこと無く作品世界の中に入り込めましたし、何よりかわいいキャラクター達が良く動いて、劇場で観る価値のある作品でした。

12/28

コミケのために上京。上野で西美に行ったら休館でがっくり。仕方がないので上野の森でデトロイト美術館展。印象は薄かったです。

その後は渋谷に行ってHMV & BOOKS TOKYOで西UKOさんの複製原画展。美しい原稿でした。もっとたくさん観たかった。それからBunkamura ザ・ミュージアムマリメッコ展。こちらも充実した展示で面白かったです。大きな布地を見ることなんて普段あまりないので新鮮でした。

12/29

コミケ1日目は一般参加。企業ブースに行こうとして迷う。ビッグサイト工事の影響で西館の導線が毎回変わって大変です。ポッピンQの本だけ買って脱出。なのは列を実際に肉眼で確認できたのが今日の収穫かな。都市伝説じゃなかったんですね。ふらりと巡って撤収。

 

その後はAKIBAカルチャーズ劇場でハコイリ♡ムスメとRYUTistの2マン。いやRYUTistは新潟で観れるじゃんって感じなのですが、なんか東京さんで頑張ってるとなると応援したくなるので。ハコムスも一度観てみたかったですし。ただ、個人的には一度で十分だったかな。昔の地下っぽい感じがしました。

 

そして神田で忘年会。色々と名言が飛び出したけどここでは書けないです(笑)

ラブライブ!アイマスのファンは楽しそうなのに、WUGの人たちはなんかいつも辛そう」と言われて返す言葉がありませんでした。いやいや、新作楽しみですよ!

 

12/30

コミケ2日目はサークル参加。無事に新刊も発行できました。お買い上げいただいた方々ありがとうございます。真夢夏夜シリーズも3冊目となりましたが、既刊もまとめて買っていただく方もいらっしゃって、うれしい限りです。実は表紙に使っていた特殊紙の扱いがなくなって、別の紙を使ったので少々不安だったのですが、良い感じでホッとしました。

 

終わってから新宿で美味しい小籠包を食べました。

 

それから秋葉原nicoでイイキョク納めのDELEVINGNE。朝も早かったのであまり長く居られなかったのが残念ですが、久しぶりに顔を見れる人も居て楽しかったです。

 

12/31

コミケ3日目は一般参加。東7が昨日までと同じ会場かってくらいの雰囲気でした。やっぱり3日目は違いますね。時間があったので評論系の島をゆっくりと回るころができました。この辺りはコミケじゃないと見れないようなジャンルのサークルさんが沢山いて楽しいです。

帰りの新幹線でロードエルメロイII世の事件簿の新刊を読むと、今回のコミケも終わったんだなあって実感します。

1/1 〜

なぜかFate/Grand Orderを始めてしまいましました。コミケでぐだ子マシュ本探せば良かったと激しく後悔。

1/7

WUGオンリーに参加するため仙台へ。新潟からだと当日入りは無理なので前乗りで。

勾当台公園でわぐそに。ちょっと覗く感じかなあと思っていたけど、結局がっつり最後まで居てしまいました。野外アニクラ大好きマンなので。そういえば夏にあったリアニ仙台は行けなかったです。笹かま美味しかったです。

DJの選曲はWUG曲ばんばん何度もかかるのは当然として、ヲタ芸の人が喜ぶ感じでしたかね。ありすさんがいきなり欅かけて高まったり、アニクラ系のお客さんが前に出てくるような選曲でさすがだなと。

わぐそに終わってから傷物語IIIを観ました。おっぱい。

1/8

WUGオンリー当日。イベント合わせの新刊は無かったのですが、以前(1回目のWUGオンリーの時に)出したティナx菜野花本が意外と売れてうれしい驚きでした。並べててもあまり動かないので、そろそろイベント持ち込むの止めようかなと思っていたところでした。

そういえば当時はI-1本ほとんど無かったなあ……

 

即売会終わったら、アフターイベントには参加せずに盛岡へ。AKB48 Team8のコンサートだめもとで応募したらチケ取れてしまいまいした。しかも6列目。

ホント、めっちゃ楽しかったです。衣装もかわいいし、もちろんメンバーもかわいい。しかもサービス満点で、公演開始前からステージ上でトークとか歌とかやるし、普通に会場通路に降りてきますし、一部撮影可コーナとかまであって至れり尽くせりって感じで。どこぞにも見習って欲しいなあとか思ったりしました。

 

ってなわけで色々なイベント目白押しで落ち着くヒマもありませんでした。来週はWUGの舞台もありますが、それが終わったら暫くは大人しく引きこもることになるかと思います。

iPhone7

ようやく5sから7の256Gに機種変更しました。

本当は6s出た時に機種変更しようと思っていたのですが、なんだかタイミングを逃してしまっていた。

 

数日触ってみた感想ですが、5sに比べて画面が広くなった分、片手の操作をしづらい感じがします。明らかに指が届かなければあきらめがつくのですが、微妙に届かないのが痒くてたまらないです。

 

256Gにしたおかげで、ストレージに余裕ができたのは嬉しいです。5sは64Gだったのですが、最近は容量が結構足りなくなってて、OSアップデート時のやりくりが悩ましかったのが解消されただけでも7にした甲斐はありました。

 

目下の所、一番の悩みはイヤホンジャックが無くなったことですね。通勤時の音楽プレーヤーとしての役割が大きいので、これは結構痛いです。今のところ変換アダプタで凌いではいますが、強度に不安があるのでなんとかしたいです。Bluetoothのヘッドホンアンプにするのがいいのかなとおもいつつ、余り製品も多くなくて情報が少ないので迷っているところです。

 

あとは慣れの問題なのですが、電源ボタンが上から右になったのに、今までの癖でつい上を押してしまうんですよね。なんで位置を変えるのよん。けろけろけろけろ。

お久しぶりです

もっと頻繁に書こうと思いつつ、なかなか更新できませんでした。仕事がようやく一段落ついたので、少しは時間が取れれば良いのですが。

 

直近のトピックとしてまずは冬コミにサークル参加します。

12/30 (金) 東E-53b daisystar

ジャンルはいつもの通りWake Up, Girls!で、新刊は真夢x夏夜小説本です。

 

そして、年が明けて1/8(日) 仙台市戦災復興記念館・5F会議室で行われるWake Up, Girls! オンリーイベント同人誌即売会やらせてください!2017 仙台初売り」にもサークルで参加します。こちらも真夢x夏夜ですが小説ではなく漫画にしようと思っています。ただ、日数が余りにも足りないため、おそらく間に合わないと思います。流石に仕事と冬コミ入稿だけでいっぱいいっぱいでしたので……。

間に合わなかった場合は5月のWUGオンリーかpixivに上げちゃうかすると思います。

 

WUGについてはTVシリーズの制作が発表されましたね。どうなるか期待と不安が入り交じっていますが、まずは続報を待ちたいと思います。

いや、それより去年の幕張であったWUGがI-1に吸収合併の話がどうなったのかはっきりさせてくださいよ……。なかったことにするならするでちゃんと言って欲しいです。

夏コミ(C90)の頒布物情報

無事入稿も終わり、なんとか新刊出せそうです。

西地区 h-35b daisystar

http:// https://webcatalog.circle.ms/Circle/12705361/

 

 

échec / A5 / オフセット/ 22P / 300円

f:id:mooncode:20160801235056p:plain

今回は百合でも小説でも無く、Wake Up, Girls!の早坂相 x 松田耕平のマンガ本です。いちおう全年齢向けになっています。

マンガ原稿初めてなので、どう印刷されるかどきわくしています。

WUGは9割方男性だと思うし、早松本なんて無茶な気もしますがどうでしょう。まあティナ菜野花だって相当な無理筋でしたから、もう怖い物ないのですが。だって描いてて楽しかったも〜ん!

 

今回はビッグサイト工事の影響で、西3・4ホールという普段は企業ブースがあるところに配置されていますので、ご注意ください。1日目は西1と西2が企業ブースということもあって、たどり着くのが大変な気もしています。余裕を持って移動した方が良いかもしれません。

 

他は既刊の真夢x夏夜小説本『Green Poinsettia』『Memory of Anemone』とティナx菜野花小説本『天球儀の夜』を持って行きます。

あと一冊、コピー誌出したいなと思ってますけど、ちょっと期間的に難しそうではあります。予定は未定ということで、出せるかどうかは当日のお楽しみとさせてください。

 

WUGライブ@新潟

 おらが村の新潟でWUGちゃんが観られるとはなんて僥倖!ってなことで観てきました。殆ど知名度も無く、名前は知っててもきちんとアニメ観てくれない中、何の脈絡も無く『16歳のアガペー』とツイートしていた頃に比べて随分と広まったものです(たぶん実際にはお客さんの大半が遠征組)。

 

 昼公演はお友達が50番台を引いてくれたおかげで、かなり近くで観ることができました。衣装のディテールとか表情とか、振り付け怪しくなったみにゃみとかばっちり観られて。プリンセス・オクノに魂抜かれて口半開きにしながらもなんとか生還しましたよ。

 

 夏夜ちゃんのキャラソンがちょっと刺さりすぎて、また真夢夏夜本作りたいなーなんて思い始めて。考えてみれば、真夢夏夜本作るきっかけは1回目のソロイベで『ライオン』を観たことから始まっていますし。よくわからないけど、ステージに立つ奥野さんの姿には色々と刺激を与えられるんですよね。

 

 そして、I-1clubの曲をI-1clubとして歌ってくれたことが嬉しくて。昨年末の幕張で『止まらない未来』どころかI-1が歌わなかったことを根に持ってたのですが、少し許しました。こんな良い曲を塩漬けにして、映画でも一瞬しか使わなかったのもったいないなあって思います。

 

 夜は開場時間を間違えてて、開演間際に入場。一番後ろの方で観てました。後ろだと動ける分それはそれで楽しいです。

 

 終演後は地元の面子と遠征組も加えて居酒屋で打ち上げ。散々飲んで帰ってきても日付が変わってない!地元でイベントって素晴らしい!!