読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*daisystar*

雑記帳

白衣性恋愛症候群 RE:Therapy クリアしました

 PSP版をVitaダウンロード販売で買ってから一年くらい。何度も途中で中断してたのを、ふと思い立ってこの週末で一気にクリアしました。

 

 どうしてこんなに進まなかったのか考えてみると、このゲーム新人看護師の主人公の視点で進むのですが、新人なので失敗とかあったり仕事ができなくて悩んだりします。さらにはこの作品のウリである医療用語とか看護師の勤務についても(素人目には)しっかり描かれているのはいいのですが、プレイヤーとしては自分も仕事から帰ってきて疲れてから少しの時間にこのゲームをやると、新人の視点で先輩に叱られたり、時には登場人物の患者さんに厭味を言われたりして、結構疲れてしまいます。なんか緩い日常系のアニメが流行る理由として同じことが言われてるのに対して、今まで自分は同意してなかったのですが、なんか今回ようやくそれが解った気がします(笑)

 おまけに、攻略キャラのルートに入るまで、あまり物語の起伏が見えにくくて、勤務先と寮でのお話がが続いて、なかなか恋愛にも発展しないから、モチベーションが続かないのかもしれません。

 一旦各キャラのルートまで着いてしまえば、社会人百合としてすごく楽しめるのですが。この辺、なまじ携帯ゲーム機だったので、でちまちま進めようとするのが良くなかったのかもしれません。現に、この週末で一人目のシナリオ終わってからは、一気に全キャラ終わらせてしまいましたし。

 

 発売されてから大分経つので、それなりにネタバレで書いていきます。

 個人的には堺さんとのお話が一番好きでした。あんまりツンデレ属性はないのですが、病院を舞台にした上できちんと死と生を描いているから、堺さんのキャラクターは説得力があって、他のルートでも良い存在感でした。

 山之内さんのシナリオはもっと話が広がりそうと思ってたのに、あっさり終わってしまったのが意外でしたね。

 

 クリアしてみれば、途中で投げてたの勿体無かったなあと思いました。社会人百合好きの人はやって損のないゲームだと思います。

怒濤の三連休2日目

 一応今回の上京の主目的だったWUGオンリー。

 予告したとおり、新刊は出しませんでした。社交性とやらは持ち合わせてないので、ぼんやり過ごして終了。以前から書きたいと思っていたオリジナルの書き出しが浮かんだので、メモ取ったりしてました。

 

 次に三菱一号館美術館オートクチュール展。なかなか良かったです。シルエットの美しさとか縫製の完璧さとか溜息が出るほどでした。

 展示の一部はフラッシュ禁止だけど撮影可だったのですが、わりとフラッシュを自動設定にしてて発光させちゃう人が後を絶たなかったので、展覧会で撮影許可するのもなかなか難しいんだろうなって感じました。展示品の保護は最優先ですしねえ。

 

 それから新宿で山下七海さんのソロイベント。番号悪くて最後の方の入場だったのですが、比較的見易いポジションに行けました。

 内容としては、観客が短時間にナナミンを過剰摂取して心臓発作を起こさないように、適度に緩い内容にしてくれました。『乙女のポリシー』あんまり懐かしい感じしないなあと思ったのですが、良く考えたら去年本物が歌っているの観てたのでした。

 

 最後に渋谷で声優レアグルーヴ。その名の通り、声優曲のレアグルーヴが流れ続けるクラブイベントです。たぶん一回目くらいからずっと行きたいのにタイミング合わなかったので、ようやく行くことができました。

 ゲストのおたっきぃ佐々木氏と小林治氏の90年代声優CD(とラジオ)トークは興味深い物でした。超ざっくり言うと、今と違ってまだ作る側売る側も手探りだった時代に、色々アイデアを駆使したりして作られたってお話しだったかな。それ故に、この頃の音源はレアグルーヴも眠っているし、このイベントがサブカル的な遊びではなく、音楽的興味を充たす物なんだろうなあって思いました。

怒濤の三連休1日目

 東京に遊びに来ています。

 

 まずはアイドルマスターオンリーDJパーティー "COLORS" 6へ。

 新大久保はunique LABORATORYは初めて行くハコで、昔の職場が新大久保にあったので通勤ルートだったのですが、 その観光地的な様変わりっぷりに驚きました。昔はもっと暗くてアンタッチャブルな出来事もある感じだったのですけどね。

 膨大なアイマス曲の中から、最近はどれを聴いたらいいのかわからなくなってきてるので、こういう場で新しい曲に触れることができるのは楽しいです。

 ミリオンやシンデレラの曲も、VJがタイトルや歌っているキャラの情報を殆どの場合出してくれるので、いちいち検索しなくてもいいのが親切で良かったです。

 そしてアイマス関連のカバー曲の選曲が相変わらず渋いです。

 大槻唯(CV:山下七海)ちゃんの『Radio Happy』はクラブ映えするなあと確認したのでした。

 

 その後、一旦ホテルへチェックインしてから亀戸のホルモン青木へ。久しぶりに内蔵充しました。美味しかったです。行列ができるのも頷けました。

 亀戸ってサンストリートでアイドルを観るためにときどき来てたので、なんか懐かしかったです。

 

リリウム 少女純潔歌劇のDVDを観ました

 ハロプロ演劇女子部のミュージカル。

 確か上演された当時、ハロプロから離れていたにも係わらず、何故か自分のアンテナに引っかかってきて、だけど当然チケットなんて取れる筈もなくて、ずっと気にかかっていた作品でした。

 

 ハロプロの舞台というと、観たことのある幾つかの作品がどれもアレで……っていう忌まわしい記憶もあったりなくしたかったりしたのですが、良い意味でそれは裏切られました。

 もっと緩いお話かと思ったのは最初だけで、予想とは違う展開にぐいぐい引き込まれました。

 ストーリーが進んで話が重くなるにつれ、鞘師ちゃんの顔もどんどん変わっていくの、女優だ凄いって唸りましたし、和田ちゃん綺麗だしで。

 

 永遠の少女というテーマも、わりと今の時代にあえてアイドルちゃんでやるというのも凄く良いと思いました。

3/20のWUGオンリーについて

 Twitterの方にも少し書きましたが、新刊として予定していた志保ちゃんメインの小説本『嵐の素顔』は発行を取りやめました。

 当日の頒布物は既刊のティナx菜野花本『天球儀の夜』、真夢x夏夜本『Green Poinsettia』『Memory of Anemone』のみとなります。

 

 取りやめた直接の理由はWUGとI-1のユニット人気投票なのですが、それ以前から少しずつ貯まってきた感情の最後の一滴でした。

 98%まで出来上がっていましたし、とりあえず出すこともできたのですが、やっぱりたった2%でも作品を愛ないまま書いた二次創作を世に出すのは自分としてはあり得ないので仕方ないです。楽しみにしてくださった方、ごめんなさい。

 

 こんなのお祭り企画みたいなものだからべつにいいじゃんと思うかも知れませんが、WUGの作品世界ではファンが複数枚買ったりせず、CDの売り上げがほぼリスナーの数となるように描いてきたくせに、突然人気投票を導入することは安易な発想にしか思えないのです。

 最初の劇場版とテレビシリーズで見せてくれた、人物の描写を丁寧に積み重ねていく、普通の会話でしないような説明的な台詞なんかも入れないなどの魅力的な部分が、今はあまり感じられないのです。

 きちんと描かれた登場人物や世界と、現実に存在するものが自然に溶け合うことが「ハイパーリンク」だと思っていましたが、どうやらその認識は違っていて、安易にモノや出来事を切り貼りすればそれでOKになるみたいですし。

 

 まあ妄想こじらせたあげく、公式のやることに腹を立てるとかキモすぎて自分のことながら引いてしまうのですが、性分なんだからどうにもならないです。書いているうちにただのキャラではなくて、実在の人物ってくらいに入れこんでしまうのが良くないのでしょうね。

 

 そんなわけで、今後の活動についても全て白紙になっています。夏コミは申し込んでしまっているので、どうするかはオンリー終わってから考えますが、予定していた早坂x松田本は出さないと思います。

 

 こちらが唸るような展開を見せてくれたら、しれっと再開もしたいと思っているのですけれど……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんでここ数日、失恋したみたいな気持ちになってるのかわけわかんないです。

 本当はこんなこと書きたくないんだよう。

同級生観てきました

 公開初日の上映に行くなんて、わたしにしては珍しいことです。

 期待通りの良い映画でした。原作は未読ですが、きっときちんと映像化したんだろうなあと伝わってきました。

 密度が高くて、息つく間も無くて、これはこれですごく良いのですが、もうちょっと上映時間長くて間や余韻があってもいいのかなあと、個人的には思います。

 そうそう。昔、小田急線沿線に住んでいたこともあって、懐かしい風景のシーンもありました。

 

 あー、原作買いに行かなくちゃ。

ボッティチェッリ展とWUG i☆Risコンサート

 昼過ぎに東京都美術館でやっているボッティチェッリ展へ。

 行ってから気づいたのですが、有名な「Adobe Illustrator」の展示は今回ありませんでした。あ、別名「ビーナスの誕生」とも言うやつです。

 べつに美術に詳しくないので、すごかったって感想しか無いのですが、週末にしてはわりと空いてました。

 

 夜はWUGとi☆Risのツーマンへ。まあ、声優系はトークコーナー長いよねって思うのですが、ティーバッティングとかやないだけまだマシでした。i☆Risさんの弾けっぷりと、司会のわっしーのおかげで面白かったので結果オーライですが。

 やっぱ個人的には曲数多くして欲しかったなあって思います。

 それにしても、一緒に行った(元ハロヲタ繋がりの)人とこんな場所で『恋 カナ』を聴くことになるとは思ってもみませんでした。でも『バレンタインキッス』カバーするのは地下アイドルみたいでよろしくないと思うんですよね…あと吉岡さん……

 

 なんか取材なんだか知らないけど、カメラ持ったデブがステージに肘ついて写真撮ってたのがすごく不快でした。ステージはそんな軽々しく触れていい場所じゃ無いだろう。いや本当に非常識すぎて唖然としましたが、他のスタッフもなんで首根っこ捕まえて引きずり出さないんだよって思いました。